中京院大、初戦敗退 東海大学野球秋季選手権 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中京院大、初戦敗退 東海大学野球秋季選手権
2016年10月22日11:38
写真:中京院大、初戦敗退 東海大学野球秋季選手権
皇学館大×中京院大=3回表中京院大2死二塁、三飛を打ち上げ、苦々しい表情を浮かべる吉川=倉田山公園

 大学野球の東海地区秋季選手権は21日、三重県伊勢市の倉田山公園で開幕。各県2位校による順位決定トーナメント2試合を行い、中京院大(県2位)が1回戦で皇学館大(三重2位)に惜敗し、春秋連続大学日本一を逃した。

 中京院大は常に追い掛ける展開となり、2度同点としたが、自慢の打線がつながらず、最後は1点が届かなかった。先発柳川優太(大垣日大高出)は本来の制球力を欠き、6回4失点で流れをつくれなかった。

 第2日の22日は同球場で、各県1位校と2位校代表となった静岡大(静岡2位)が1位決定トーナメント1回戦に挑む。中部院大(県1位)は、第2試合(午後0時30分開始予定)で四日市大(三重1位)と対戦する。

 上位2校は、明治神宮大会(11月11〜16日・神宮球場)への出場を懸けた「東海・北陸・愛知3連盟王座決定戦」(10月29日から3日間・石川県小松市)に出場する。