多治見も初戦敗退 県勢、秋季東海地区高校野球 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

多治見も初戦敗退 県勢、秋季東海地区高校野球
2016年10月24日09:26
写真:多治見も初戦敗退 県勢、秋季東海地区高校野球
多治見×至学館=4安打無四球の好投を見せた多治見のエース河地=清水庵原

 第69回秋季東海地区高校野球大会第2日は23日、静岡市清水庵原球場などで準々決勝を行い、多治見(県1位)は至学館(愛知3位)に1―2で惜敗し、県勢は13年ぶりに出場3校がすべて初戦敗退した。

 多治見は先発の河地京太が1回戦でコールド勝ちを収めている強力打線相手に、直球がさえて4安打無四球の力投。打線は二回に先制したが、好投の河地を援護することができなかった。

 選抜大会の東海枠は例年2枠(明治神宮枠を加えても3枠)のため、21世紀枠選出を除き、県勢の選抜出場は絶望的。