チーム岐阜上位へ 都道府県アマゴルフ開幕 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

チーム岐阜上位へ 都道府県アマゴルフ
2016年10月26日11:41
写真:チーム岐阜上位へ 都道府県アマゴルフ開幕
降雨の中、ティーショットを放つ岐阜Aチームの上田崇宏=岐阜関CC
写真:チーム岐阜上位へ 都道府県アマゴルフ開幕
ドライバーを力強く振り抜く岐阜Bチームの近岡次男=同

 「第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権」(全国新聞社事業協議会主催、岐阜新聞社主管)の開幕を前日に控えた25日、会場の岐阜関カントリー倶楽部東コース(7270ヤード、パー72)で練習ラウンドが行われた。選手らは、あいにくの雨の中、難コース攻略に向け、綿密な練習を繰り返した。

 岐阜Bチームは、午前7時すぎ、アウトからラウンド。ハーフ折り返しごろに雨が本降りとなったものの、難度の高いグリーン周りをしっかり確認するなどし、本番に備えた。主将の近岡次男は、大会2日間ともに晴天の下で行われる可能性が高いことに触れ「雨では、(ショットの)ランもなかなか出ないので、今日のラウンドはあまり参考にできない。我慢の連続になるだろうが、チーム3人でなんとか上位に入りたい」と話す。

 イン10番から出発の岐阜Aチームは、すでに雨が降りしきる中でのラウンド。そのため18番を終えたハーフで、練習を切り上げた。チーム最年少の上田崇宏は「調子は良いので、3人が個々で上位で目指せば、チームでも上位進出が見えてくる」と手応えを口にする。「自信はあるので、平常心でしっかり戦いたい」と決意を語った。