ホームで「脱・連敗」 FC岐阜、あす群馬戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

ホームで「脱・連敗」 FC岐阜、あす群馬戦
2016年11月02日09:34
写真:ホームで「脱・連敗」 FC岐阜、あす群馬戦
10月30日の北九州戦で敗れ、最下位転落に悔しさをにじませる岐阜のDF冨士(18)と倒れ込むDF阿部(2)=本城陸上競技場

 J2のFC岐阜は第39節の3日、ホームの長良川競技場で17位群馬と戦う。前節で北九州に敗れて5連敗となり、残り4試合で最下位に転落した岐阜。マイナス28の得失点差は他チームと大きく水をあけられており、残留には勝ち点で上回らなければいけない状況に追い込まれている。

 21位北九州とは勝ち点2、20位金沢とは3差で、今節は勝利以外の結果では順位が動かない。吉田監督は前節終了後「ここで下を向いているわけにはいかない。最後の1試合まで戦い続ける」と奮起を誓う言葉を残した。

 連敗を止めるためには、最近5試合で13失点の守備を引き締め直すことが重要になる。サイドからのクロス、相手守備ライン付近からのロングボールに規制をかけられるか。11得点のMF瀬川、9得点のFW高橋とともに、DFの舩津と坪内の両サイドバックの攻め上がりにも気を付けたい。

 群馬の最近2試合は7失点で2連敗。岐阜の攻撃陣には十分得点を奪えるチャンスがある。カウンターで活路を見いだしつつ、守備ブロックをつくられた時の攻め方の工夫も必要だ。前節で9ゴール目を挙げたFWレオミネイロは「ホーム戦という優位を生かしたい。(全員が)戦う気持ちを出してくれれば」と連敗脱出に向けて意気込んでいる。