渡辺(大垣南高出)サーブル3位 ジュニアW杯フェンシング − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

渡辺(大垣南高出)サーブル3位 ジュニアW杯フェンシング
2016年11月15日10:46

 フェンシングのジュニア(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ソチ大会は、ロシアのソチで男子サーブル個人、団体が行われ、個人で渡辺裕斗(中大、大垣南高出)が自身初の3位となり、表彰台に上った。

 予選プールを3勝3敗で勝ち上がった渡辺は、2回戦から登場し、格上の選手を連破し、ベスト4入り。準決勝では優勝したアンドレー・クラドコフ(ロシア)に6―15で敗れた。

 渡辺は「自信になる結果。だがロシアのトップレベルの選手の剣さばきにはまだまだだと実感した」とさらなる上達を誓った。そのほか個人は、山北格也(中大、羽島北高出)が32位、小山桂史(クラーク高、岐聖大付中出)が39位だった。