益田清風高25連覇 男子総合と高校の部 飛騨駅伝 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

益田清風高25連覇 男子総合と高校の部 飛騨駅伝
2016年11月21日09:53
写真:益田清風高25連覇 男子総合と高校の部 飛騨駅伝
未踏の25連覇を達成した益田清風高のアンカー大前=下呂市少ケ野

 第53回飛騨駅伝競走大会(飛騨地区陸上競技協会、岐阜新聞・ぎふチャン主催、飛騨県事務所、下呂市、高山市、飛騨地区各体育協会・教育委員会後援、飛騨地区高校体育連盟協力)は20日、下呂市の小坂町−少ケ野間(男子6区26・4キロ、女子5区18・3キロ)で行われ、益田清風高が1時間23分31秒の男子総合トップタイムで高校男子の部25連覇を成し遂げた。

 一般男子(1部、2部)、高校男子、女子、昨年新設の中学男子の4部門に計22チームが出場した。一般男子1部は飛騨市陸上競技クラブAが独走を見せ、1時間32分30秒で初優勝。同2部は、飛騨市消防本部が2年ぶりにトップに返り咲いた。女子は飛騨高山高Aが3連覇で9度目の優勝を飾った。中学男子は松倉のみの出場で、5区で中洞将が区間新を記録した。