朝日大、惜敗 全国大学ラグビー 初戦で涙 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

朝日大、惜敗 全国大学ラグビー 初戦で涙
2016年12月04日13:33
写真:朝日大、惜敗 全国大学ラグビー 初戦で涙
朝日大×福岡工大=前半23分、先制のトライを決める朝日大・岡崎=パロマ瑞穂ラグビー場

 ラグビーの第53回全国大学選手権第2日は3日、名古屋市のパロマ瑞穂ラグビー場で2回戦1試合を行い、朝日大(東海、北陸、中国、四国代表)が福岡工大(福岡、九州代表)に36―38で敗れ、初戦敗退を喫した。

 朝日大は前半23分、ナンバー8のシオネ・ヴァイラヌが敵陣ゴール前まで迫ると展開し、WTB岡崎怜真がトライを決め先制。31分にトライを許したが、42分に同じような展開からWTB古田響のトライで15―7で折り返した。

 しかし、後半の開始6分で2トライを決められ、逆転を許すとリズムを乱し、19分に1トライしたが22分、26分にも連続トライを奪われ、突き放された。30分過ぎからシオネ、岡崎がトライを決め2点差まで迫ったが福岡工大の懸命な守りに屈し、3回戦進出はならなかった。