帝京大可児高が昇格 サッカー東海プリンスL参入戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

帝京大可児高が昇格 サッカー東海プリンスL参入戦
2016年12月24日13:05
写真:帝京大可児高が昇格 サッカー東海プリンスL参入戦
帝京大可児高×刈谷高=後半4分、DFを置き去りにする飛び出しで、決勝ゴールを挙げる帝京大可児高・MF浅井=県フットボールセンター

 サッカーの高円宮杯U−18プリンスリーグ東海参入戦は23日、羽島郡笠松町の県フットボールセンターで決定戦を行い、帝京大可児高(G1リーグ1位)が、刈谷高(愛知県1部リーグ1位)を1―0で下し、昇格を決めた。

 帝京大可児高は、押し込まれる展開が続いた前半、DF西津邦彦らが辛抱強く守り抜いた。逆に風上に立った後半は主導権を握り、4分、FW関根琉楓の浮き球パスに反応したMF浅井泰生のシュートで均衡を破った。1点を守り抜き、1年でプリンスリーグ復帰を決めた。

 来季のプリンスリーグ東海には、帝京大可児高とともに、藤枝東高(静岡県1部リーグ1位)が昇格する。また来季のG1リーグは、帝京大可児高B(G2リーグ1位)とメジェールFC(同2位)が昇格し、県岐阜商高(G1リーグ9位)は残留する。