岐阜女8強 全国高校選抜バスケ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐阜女8強 全国高校選抜バスケ
2016年12月26日11:28
写真:岐阜女8強 全国高校選抜バスケ
岐阜女×広島皆実=第3クオーター、5本目の3点シュートを決める岐阜女の石坂=東京体育館

 バスケットボールの第47回全国高校選抜優勝大会(ウインターカップ)第3日は25日、東京体育館で男子2回戦、女子3回戦の計24試合を行った。女子の推薦で25年連続出場の岐阜女は、3年ぶり19度目出場の広島皆実(広島)に80−50で快勝。連覇に向けて順当に準々決勝進出を決めた。

 岐阜女は攻守でゴール下を制圧し、センターのディヤイ・ファトーが序盤から得点を量産。フォワード石坂ひなたの3点シュートも要所で決まり、大きく突き放した。最終クオーターは控え選手主体で臨んだものの、相手に付け入る隙を与えずに危なげなく勝った。

 全国高校総体、国体と合わせて3冠を目指す桜花学園(愛知)は山形商に88−41で快勝。昨年3位の昭和学院(千葉)や、全国高校総体3位の大阪薫英女学院と札幌山の手(北海道)もベスト8入りした。

 第4日は26日、同体育館で男子3回戦、女子準々決勝を行う。岐阜女は4強入りを懸けて、2年ぶり3度目出場の八雲学園(東京)と戦う。