「大木流」土台できた FC岐阜1次キャンプ打ち上げ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

「大木流」土台できた FC岐阜1次キャンプ打ち上げ
2017年01月30日13:37
写真:「大木流」土台できた FC岐阜1次キャンプ打ち上げ
軽いランニングで汗を流す選手ら=堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター

 J2FC岐阜の1次キャンプ最終日は29日、堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターで行われ、選手たちは簡単なパス交換など、約1時間の軽いメニューをこなした。

 選手たちは午前9時前にグラウンドに集合。明るい雰囲気の中、3人1組でのパス交換やランニングで汗を流して練習を切り上げた。大木監督は、6日間のキャンプを「相手守備の裏の取り方など、どう攻めるかはかなり絞れてきた」と総括し、充実した表情を見せた。

 チームは30、31日を休養日とし、2月1〜12日に、宮崎市清武総合運動公園で2次キャンプを実施する。