中部院大が勝ち点 東海大学野球春季岐阜L − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中部院大が勝ち点 東海大学野球春季岐阜L
2017年04月03日15:15
写真:中部院大が勝ち点 東海大学野球春季岐阜L
岐阜大×中部院大=5回表中部院大2死満塁、1イニング2本目の安打を右前に放つ加藤

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第1週第2日は2日、長良川球場で2回戦2試合を行い、岐聖大が中京院大を1―0で破ってタイに、中部院大は岐阜大に七回コールドの8―0で圧勝し、勝ち点を得た。

 岐聖大は初先発となった2年の西脇達也(岐阜総合高出)が粘投。9安打され、再三のピンチも好守にも支えられ完封。五回、2死満塁で3番宮路唯斗の左前打が決勝点となり、わずか2安打で競り勝った。中京院大は打線が援護できず、長島啓太、彰のツインズリレーも実らなかった。

 中部院大は五回、先頭の加藤惇也(県岐阜商高出)の二塁打を足場に関盛仁の右前打で先制すると打者12人の猛攻で一挙8点を奪い、試合を決めた。先発の3年井上祐太から中井雄亮と村橋主晟(同)の期待の1年コンビへ完封リレー。岐阜大は守備の乱れもあり、大量失点で流れを失った。

 第1週第3日は3日、長良川球場で中京院大―岐聖大の3回戦を行う。