FC岐阜、あすJ1広島と対戦 天皇杯 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、あすJ1広島と対戦 天皇杯
2017年07月11日10:01
写真:FC岐阜、あすJ1広島と対戦 天皇杯
天皇杯に備え、トレーニングする選手たち=島西運動場

◆8年ぶり4回戦狙う

 サッカーの第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第4日が12日に行われる。J2FC岐阜は、J1広島と長良川競技場で3回戦(岐阜新聞社共催)を戦う。勝てば2009年以来の4回戦進出になり、大木監督は「もちろん勝利を目指す」と力を込める。

 リーグ戦から中2日の過密スケジュール。10日の練習では、前日の試合を戦った選手は軽めのメニューで切り上げ、控え組はミニゲームなどで体を動かした。指揮官は選手それぞれの疲労度を考慮しながらも「ベストメンバーで戦うよ」と話す。

 広島とは、2月の宮崎キャンプで45分3本の練習試合を戦った。その時は0−2だったが、広島は現在リーグ戦17位の降格圏。今月4日に森保監督が退任し、横内ヘッドコーチが暫定的に指揮している。リーグを優先してメンバーを落としてくる可能性もある。大木監督はこれまでの監督キャリアを振り返り「公式戦で広島に負けたことがない」と話し、試合を楽しみに待つ。

 相手は上のカテゴリーだが、勝機は必ずある。11試合ぶりに勝ったリーグ戦の勢いを、天皇杯にもつなげたい。