松田(岐阜第一)大会新V 全国高校総体自転車 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

松田(岐阜第一)大会新V 全国高校総体自転車
2017年07月30日11:21
写真:松田(岐阜第一)大会新V 全国高校総体自転車
圧巻の大会新で男子3000メートル個人追い抜きを制した松田祥位=いわき平競輪場

 全国高校総体第2日は29日、福島県のいわき平競輪場などで9競技を行い、自転車男子3000メートル個人追い抜き決勝で松田祥位(岐阜第一)が、3分28秒439をマークし、優勝した。

 松田は、前半から予選を上回るタイムでラップを重ねた。レース後半は連戦の疲れもあり、タイムを伸ばしきれなかったために、予選の3分22秒089には及ばなかったが、堂々の大会新で頂点に立った。公開競技ながら、女子ケイリンの増田夕華(同)も2位入賞。トラックの学校対抗では、岐阜第一が7位入賞を果たした。

 自転車では、男子3000メートル個人追い抜きの佐藤竜太(岐南工)が、予選の結果を受けて5位に、男子ポイントレースの棚瀬義大(同)は6位にそれぞれ入賞した。

 バスケットボール女子で初優勝を目指す岐阜女は、初戦となった2回戦の京都精華学園戦で、94―45とダブルスコアで白星発進。バレーボールの県岐阜商は男子が決勝トーナメントに進んだが、女子は敗退。卓球団体の富田は、男子がベスト16に進んだが、女子はベスト32止まり。サッカー男子の帝京大可児は1回戦で京都橘に0―2で敗れ、ソフトテニス女子団体の鴬谷は2回戦で敗退した。