春王者・岐経大先勝 東海大学野球秋季岐阜L開幕 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

春王者・岐経大先勝 東海大学野球秋季岐阜L開幕
2017年08月27日09:45
写真:春王者・岐経大先勝 東海大学野球秋季岐阜L開幕
朝日大×岐聖大=2安打完封の快投をみせた岐聖大の1年生右腕荒木=長良川

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)は26日、長良川球場で開会式を行い開幕。1回戦2試合を行い、2季連覇を目指す岐経大が2―1で岐阜大に競り勝ち、春5位の岐聖大が1年生右腕荒木開成の2安打完封で春2位の朝日大を1―0で下した。

 岐経大は四回、西村赳留の中越え二塁打を足場に毛利清二の左前打で先制したが、その後は再三逸機。八回に同点とされた直後に小浜優磨の適時打で勝ち越した。エース与座海人は7安打されながら要所を締め、1失点完投。岐阜大はあと一本が出ず、粘投の松久保幸也を援護できなかった。

 岐聖大は先発の1年生右腕荒木が130キロ後半の直球と切れのいい変化球で的を絞らせず、散発2安打、三塁を踏ませない快投で完封。1年生捕手の大山潤が六回に左越え二塁打を放ち、暴投で決勝点の生還。朝日大は荒木を攻略できず、エース畑中希龍の好投に報いられなかった。

 第1週第2日の27日は同球場で岐聖大―朝日大、岐阜大―岐経大の2回戦2試合を行う。