岐経大、朝日大が先勝 東海大学野球秋季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐経大、朝日大が先勝 東海大学野球秋季岐阜リーグ
2017年09月03日13:55
写真:岐経大、朝日大が先勝 東海大学野球秋季岐阜リーグ
岐経大×岐聖大=先制2点適時二塁打を放ち、ガッツポーズする岐経大の白井=長良川

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第2週第1日は2日、長良川球場で1回戦3試合を行い、岐経大は6−1で岐聖大に快勝、朝日大は6−2で中京学院大に逆転勝ち、中部学院大は9−2の七回コールドで岐阜大を下した。

 岐経大は0−0の六回、1死一、二塁から白井俊幸の2点二塁打で先制。4連続長短打などで一挙5点を奪った。先発のエース・与座海人は、8回3安打9奪三振。三塁を踏ませない好投で2勝目。岐聖大の先発荒木開成は、五回まで岐経大を1安打に抑えたが、打線が援護できなかった。

 朝日大は、1点を追う四回、2死一塁から比嘉勇希の右越え三塁打で同点、志村覚の中前適時打で勝ち越した。志村は3打席連続適時打で突き放した。先発葛谷拓巳(県岐阜商高出)が初勝利。4投手が継投し、逃げ切った。中京学院大は12安打したが3併殺も響き、あと一本が出なかった。

 中部学院大は一回、4番内海大寿が先制二塁打。四回には、打者10人の猛攻で7安打6得点を挙げ、試合を決めた。先発西居建陽は4安打1失点。平岡敬人も最速147キロで片りんをみせた。岐阜大は亀谷侑史(可児高出)が左越えソロを含む2安打2打点の活躍も4失策が痛かった。

 第2週第2日は長良川球場で午前9時から中京学院大―朝日大、岐阜大―中部学院大、岐聖大―岐経大の2回戦3試合を行う。