中部院大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中部院大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ
2017年09月04日10:46
写真:中部院大が勝ち点 東海大学野球秋季岐阜リーグ
岐聖大×岐経大=5回裏岐聖大1死一、二塁、勝ち越し右前適時打を放った主将の柴山=長良川

 大学野球の東海地区秋季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第2週第2日は3日、長良川球場で2回戦3試合を行い、中部学院大は4−0で岐阜大を下し、勝ち点を得た。中京学院大は朝日大に6−3、岐聖大は岐経大との接戦を3−2で制し、ともに第3回戦へ持ち込んだ。

 中京学院大は2−2の五回、藤岡幹太の中前適時打で勝ち越すと、下平勇郁多も2点三塁打で続き、3点差。六回に1点を返されたが直後に4番石坂友貴(中京学院大中京高出)の今季初安打となる左前適時打で再びリード。朝日大は先発のエース畑中希龍が誤算で、再三の好機にたたみかけられなかった。

 中部学院大は四回、2死満塁で碓永辰海が左前2点適時打を放ち先制。五回は池松泰志、六回は武藤健司の適時打でリードを広げた。長身サブマリンの若山蒼人が7回被安打1。継投の村橋主晟(県岐阜商高出)も成長した姿を披露。岐阜大は六回まで無安打に抑えられるなど、打線が沈黙し完封リレーを喫した。

 岐聖大は切り込み隊長柴山貴斗が三回にソロで同点。五回には1死一、二塁から勝ち越し打を放った。追い付かれたが八回に途中出場の上田晃平の右前適時打で再び勝ち越し。先発三品翔(岐阜総合高出)は二回から4回連続三者凡退など、2失点完投。岐経大は変化球で丹念にコースを突かれ、捉え切れなかった。

 第2週第3日は4日、長良川球場で午前10時から岐経大−岐聖大、朝日大―中京学院大の3回戦2試合を行う。