西濃運輸、逆転勝ち 社会人野球東海予選 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

西濃運輸、逆転勝ち 社会人野球東海予選
2017年09月12日10:00
写真:西濃運輸、逆転勝ち 社会人野球東海予選
東海理化×西濃運輸=3回以降は一人の走者も出さない投球で逆転の流れを呼び込んだ西濃運輸の先発堀田=岡崎市民

 第43回社会人野球日本選手権東海地区予選は11日、岡崎市民で開幕し、1回戦2試合を行った。西濃運輸(大垣市)は3−2で東海理化(豊川市)に逆転勝ちし、2回戦へ駒を進めた。

 西濃運輸は0−2の四回、連続死球後、谷恭兵のチーム初安打となる左前打で満塁とすると、城憲輝(岐経大出)の右前適時打で1点差。七回は2死二、三塁から中村優太の中前2点打で逆転した。

 先発堀田晃は二回に3長短打を浴び2点を先取されたが、三回以降は一人の走者も許さない好投。九回は嶽野雄貴が3人で締め、勝利した。

 西濃運輸の2回戦は、第3日の13日、第2試合(午後0時30分開始予定)で、三菱自動車岡崎(岡崎市)と戦う。