4強決まる 秋季県高校野球 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

4強決まる 秋季県高校野球
2017年09月24日14:08
写真:4強決まる 秋季県高校野球
市岐阜商×岐阜第一=6回表市岐阜商2死二塁、左前適時打を放つ小菅=大垣北

◆岐阜各務野×大垣西 中京院中京×市岐阜商

 秋季県高校野球大会(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)第4日は23日、長良川球場と大垣北で準々決勝を行い、岐阜各務野(岐阜4位)、大垣西(西濃1位)、中京学院大中京(東濃2位)、市岐阜商(岐阜1位)がベスト4入りした。

 岐阜各務野は岐阜城北(岐阜8位)に8―2で快勝。4番小林右京の先制2点二塁打など中盤に5点を挙げて優位に進め、左腕市川青空が初完投し、秋初の4強。大垣西は岐阜総合(岐阜2位)に9―7。一回表に先制されながらも、裏の攻撃で一挙4点を奪い逆転。七回以降は点の奪い合いとなったが、3投手による継投で逃げきった。中京学院大中京は県岐阜商(岐阜10位)に8―5で競り勝った。七回に1点差とされたが九回に恒川文秀の適時打や足攻で4点を挙げ、振り切った。市岐阜商は3−2で岐阜第一(岐阜3位)を下した。2点のリードを追い付かれながら九回、先頭の小菅雄太の二塁打を足場に、宮崎豪のスクイズで決勝点をもぎ取った。

 第5日は24日、長良川球場で午前10時から、準決勝@岐阜各務野―大垣西A中京学院大中京―市岐阜商を行い、勝者の東海大会出場が決まる。