「あっという間だった」 FC岐阜GK高木が引退会見 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

「あっという間だった」 FC岐阜GK高木が引退会見
2017年09月29日14:27
写真:「あっという間だった」 FC岐阜GK高木が引退会見
引退会見で質問に答える高木義成=岐阜市スポーツ交流センター

 今季限りでの現役引退を表明したJ2、FC岐阜のGK高木義成(38)が28日、岐阜市内で引退会見した。「自分で自分の肩をたたけるタイミングがこの時期だった。これから名古屋、ヴェルディ(東京V)とホームで戦える。これまで所属したファンにあいさつできれば」と語った。

 高木はV川崎(現東京V)で2000年にプロデビュー。V川崎時代を含め10シーズン東京Vに在籍した後、10年に名古屋に移籍しJ1優勝に貢献した。岐阜には昨年加入し、31試合に出場。今季はこれまで出場機会はない。通算ではJ1で123試合、J2で115試合に出場した。

 会見に臨んだ高木は、時折冗談を交えながら、柔和な表情で報道陣の質問に答えた。18年間のプロ生活を「今思えば短いが、終わるときはあっという間。40歳までやる目標があったけど、ちょっと届かなかった」と振り返った。サッカーの指導者やチームに携わる道には興味はないといい「まだ何も決まってないが、選手時代のキャリアが生かせるような生活をしたい」と話した。