松本(西濃運輸)プロへ覚悟 ツバメ7位 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

松本(西濃運輸)プロへ覚悟 ツバメ7位
2017年10月27日11:53
写真:松本(西濃運輸)プロへ覚悟 ツバメ7位
笑顔で質問に答える西濃運輸の松本直樹捕手=西濃運輸本社

 ヤクルトから7位指名を受けた西濃運輸の松本直樹は、青色のネクタイと“セイノーブルー”の社服姿で会見場に登場し、「壁を乗り越えていけるように、西濃運輸で学んだことをしっかり生かしてやっていきたい」と覚悟を口にした。

 香川県出身、立大卒。決して有名選手ではなかったが、西濃運輸で頭角を現した。都市対抗では昨年の4強、今年の8強進出に貢献。捕球後の送球が二塁到達まで2秒を切る強肩も魅力で、10球団から調査書が届いた。

 ヤクルトは、大学時代プレーした神宮が本拠地ということもあり「愛着がある球団」と一言。「小学生の頃は、古田(敦也)選手が活躍して強いイメージがある」と話した。「西濃運輸での2年間で野球に取り組む姿勢が大きく変わった」と感謝を口にした。

 松本とともに会見に出席した阪本一成監督は「球界を代表する選手になってほしい」と激励。プロ1年目の目標を問われた松本は「周りから応援されて、チームメートから信頼される選手になりたい」と力を込めた。