中部院大、神宮逃す 大学野球3連盟王座決定戦 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

中部院大、神宮逃す 大学野球3連盟王座決定戦
2017年10月31日09:42
写真:中部院大、神宮逃す 大学野球3連盟王座決定戦
中部学院大×名城大=0―7で敗れ、失意の表情で引き揚げる主将内海(左端)ら中部学院大ナイン=パロマ瑞穂

 大学野球の東海・北陸・愛知3連盟王座決定戦第2日は30日、パロマ瑞穂で準決勝を行い、中部学院大(東海1位)は名城大(愛知2位)に0―7で敗れ、3年ぶりの神宮大会出場を逸した。

 中部学院大は大学侍ジャパンの相手エース栗林良吏のスライダーやカーブを主体にした投球の前に再三の好機を迎えながら無得点。エース西居建陽が一回に3失点して流れを失い、継投も踏ん張ったが、六回に4失点し、試合を決められた。