FC岐阜大木監督続投 ポゼッションサッカー確立 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜大木監督続投 ポゼッションサッカー確立
2017年11月09日09:12
写真:FC岐阜大木監督続投 ポゼッションサッカー確立
練習後、報道陣の質問に答える大木監督=島西グラウンド

 J2のFC岐阜は8日、大木武監督(56)と契約を更新することで合意し、来季の続投を発表した。

 大木監督は今季監督に就任。細かいパスをつなぎながらボールを保持するポゼッションサッカーで、攻撃的なサッカースタイルの構築を進めてきた。リーグ戦は第40節を終え11勝12分け17敗、勝ち点45の17位で、既にJ2残留を決めている。

 クラブの宮田博之社長は「個性が光るおもしろいチームになったと各方面から評価をもらい、確かな手応えを感じている。大木監督の手腕を信頼し、引き続き采配を任せることにした。大木イズムが来季には必ず花開くと確信している」などとコメントした。