吉田(岐阜農林高)国際大会初V 馬術ジュニア − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

吉田(岐阜農林高)国際大会初V 馬術ジュニア
2017年11月09日09:13
写真:吉田(岐阜農林高)国際大会初V 馬術ジュニア
台湾で行われた馬術の国際大会で、二段階障害飛越優勝の吉田ことみ

 ジュニア選手を対象とした馬術の国際大会、「CDIY/CSIJ−B Taipei 2017」が台湾で行われ、二段階障害飛越で吉田ことみ(岐阜農林高)が、国際大会初となる優勝を果たした。

 騎乗したカルロスは貸与馬で、「初めての馬で難しかった」と振り返ったが、普段乗っている馬よりも繊細だと感じると「バランス良く的確に乗ることを意識した」と、真っすぐ走らせることを心掛けた。

 競技では、「馬を信じて走った」と、120センチの障害が多く並ぶ第一段階を難なく減点ゼロで通過すると、第二段階も減点ゼロで終え、頂点に立った。

 競技後は「世界の舞台で優勝することができて本当にうれしい」と喜びを爆発させたが、すぐに「2週間後のタイ、1カ月後の香港でもいい結果を残したい」と、次なる目標も口にした。

 岐阜の地から世界へと飛躍した吉田が、次はどのような栄冠をつかみ取るのか楽しみだ。