岐阜朝日ク、天理大破り4強 全日本男子ホッケー − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐阜朝日ク、天理大破り4強 全日本男子ホッケー
2017年11月25日12:08

 ホッケーの全日本男子選手権は24日、立命大茨木ホッケー場で開幕した。1回戦4試合を行い、岐阜県勢の岐阜朝日クラブ(社会人3位)は、天理大(学生2位・前回優勝)に4―1で快勝し、ベスト4進出を決めた。県勢の4強入りは同クラブ前身のRIVERSOUL岐阜が3位に入った2013年以来。

 全日本学生(インカレ)と全日本社会人の各上位4チームが出場、トーナメントで競う。そのため岐阜朝日は、日本リーグのような朝日大生との混成ではなく、社会人単独で出場した。

 岐阜朝日は、第1クオーターに4分と8分に、日本代表のFB山田翔太(ぎふ瑞穂スポーツガーデン)がPCからフリックシュートを決め、2点を先取。第2クオーターに1失点したが、第4クオーターに、山田翔が2点を挙げた。最終盤に何度も相手のPCのピンチにさらされたが、GK吉川貴史(同)が、好セーブを連発してリードを守り切った。

 第2日は25日、同ホッケー場で準決勝を行う。岐阜朝日は、9月の全日本社会人の準決勝で惜敗した、福井クラブ(社会人1位)とのリマッチに挑む。