ビクトル(啓晴)男子500V 県高校総体スピード − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

ビクトル(啓晴)男子500V 県高校総体スピード
2017年12月02日11:09
写真:ビクトル(啓晴)男子500V 県高校総体スピード
男子500メートル2本目で、屋外自己ベストの39秒53を出すなどし、初優勝したジョアオ・ビクトル=岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場

 スピードスケートの県高校総体兼全国高校総体県予選は1日、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場で開幕。男女5種目を行い、男子500メートルは、ジョアオ・ビクトル(啓晴)が2本の合計1分19秒95で初優勝した。

 ビクトルは1本目に40秒42をマークしてトップに立つと、アウトスタートの2本目には、39秒53の屋外リンク自己新で、1年ながら県総体初制覇を果たした。

 男子1万メートルは、ジャパンカップでの活躍が続く遠藤二千翔(中津商)が15分47秒85で、大会3連覇を達成。男子1500メートルは伊藤海里(同)が初優勝した。

 全国高校総体(来年1月22〜26日・山梨県富士吉田市)には、各種目とも基準以上のタイムで6位以内に入った選手が出場する。