岐阜朝日ク準決勝進出 ホッケー男子日本L − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

岐阜朝日ク準決勝進出 ホッケー男子日本L
2017年12月04日12:56
写真:岐阜朝日ク準決勝進出 ホッケー男子日本L
岐阜朝日クBD×立命大=第2クオーター、ゴール前で相手のシュートをブロックに入る岐阜朝日クBDのGK吉川=川崎重工ホッケースタジアム

 ホッケー男子の日本リーグH1(1部)第19日は3日、川崎重工ホッケースタジアムなどで台風のため延期されていた2試合を行い、岐阜朝日クラブBD(BLUE DEVILS)は立命大を3―1で下した。通算6勝3分け1敗の勝ち点21で2位となり、ファイナルステージ準決勝進出を決めた。

 岐阜朝日は、第1クオーターにPCからFB山田翔太のフリックシュートで先制。だが第2クオーターにPCから同点に追い付かれるなど攻勢を強めた相手に押され気味に試合が進むが、GK吉川貴史の好セーブでピンチを脱した。すると終了間際、カウンターからMF伊東将慶のゴールなどで2点を奪い、勝った。

 岐阜朝日の次戦は、ファイナルステージ第1日の16日、駒沢オリンピック公園での準決勝で、天理大(レギュラーシーズン3位)と対戦する。勝利チームは山梨学院大(同1位)と決勝を戦う。