FC岐阜、三島が練習初参加 来季加入内定 − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

FC岐阜、三島が練習初参加 来季加入内定
2017年12月09日10:51
写真:FC岐阜、三島が練習初参加 来季加入内定
来季の加入が決まってから、初めて岐阜の練習に参加したMF三島(左)=岐阜市北西部運動公園

 J2のFC岐阜は8日、岐阜市北西部運動公園で練習し、来季の加入が内定している中央大4年のMF三島頌平(22)=帝京大可児高出=が内定後初めて練習に参加。「地元のクラブでプロ生活がスタートできる喜びを感じてJ1昇格の力になりたい」と豊富を語った。

 チームはオフサイドトラップを仕掛けるトレーニングやミニゲームなどで汗を流した。大学の練習と比べてメニューが豊富だといい「8月にも練習に参加させてもらったが、やっていても飽きずに楽しい」と充実した様子を見せた。今季から岐阜のサッカーに注目するようになり「パスをつなぐスタイルは自分に合っている」と一言。「監督から期待していると言ってもらえた。早く認めてもらって試合に出たい」とスタメン奪取を誓った。

 Jリーグで戦いたい選手は、帝京大可児高時代のチームメートだったJ2徳島のMF杉本太郎。今でも定期的に連絡を取っている間柄で「できれば来季も徳島に残ってもらいたい」と対戦を心待ちにしている。