エンタメTop
新刊レビュー
音楽玉手箱
フロントライン
 
おすすめシネマ/2017年10月31日 08:03
『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』 少年たちよ、恐怖に打ち勝て!
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 

 子供の頃、理由も分からないのに<何か>が怖かったことはありませんか? この映画に登場する子供たちも、あの頃のわたしたちと同じように<何か>に怯えて、怖がります。そんな彼らが、どんな風に自分の中の恐怖と戦い、打ち勝つのか。ホラー作家の頂点に君臨するスティーヴン・キングの傑作「IT」のリメイクは、オリジナルとはまた違う、ワクワクするような冒険心に満ちた作品となりました。

 主人公は、とある事件で弟が行方不明になってしまった内気な少年ビル。彼はある日、恐ろしいピエロの顔をした<IT=それ>を目撃したことで「それの恐怖」に取り憑かれていきます。実は、彼の親友たちも同じように<それ>を目撃していたことが分かります。自分の弟も、もしかしたら<それ>に連れて行かれてしまったのかもしれない。そんな思いに駆られたビルは、仲間たちと一緒に勇気を振り絞って<それ>に立ち向かっていくことを決心するのです。

 私が子供の頃、少年たちがちょっぴり怖い思いをしながら冒険するというストーリーに夢中になった作品が2つありました。一つは『グーニーズ』、そして少年たちが遺体探しの旅に出る『スタンド・バイ・ミー』です。『スタンド・バイ・ミー』もまた、スティーヴン・キングの原作。仲間と一緒に恐怖に打ち勝った後に待っているのは、大人への第一歩。『スタンド・バイ・ミー』よりずっと怖いけれど、少年たちの友情にホロリとさせられてしまいます。★★★★★(森田真帆)

11月3日(金)から全国公開

監督:アンドレス・ムシェッティ

出演:ジェイデン・リーベラー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード