エンタメTop
新刊レビュー
音楽玉手箱
フロントライン
 
おすすめシネマ/2017年12月26日 08:01
『68キル』 最強で最恐な彼女と気弱な男子の痛快バイオレンス!
(C)2016 CHIP THRILLS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
 

 アメリカのテキサス州オースティンで行われる映画・音楽・マルチメディアの大フェスティバル「SXSW」(サウス・バイ・サウスウエスト)は、最近世界中でとっても注目されている最高にクールな芸術祭。本作は、SXSWで、今年映画部門の観客賞を受賞した作品です。

 「強盗しよう!」とガールフレンドに誘われ渋々ついて行った、冴えない主人公のチップが、戻ることのできない生き地獄に落ちていく……というストーリー。頭がぶっ飛んでいる暴力的な彼女に振り回され、アレヨアレヨととんでもない事態に巻き込まれていくお間抜けな主人公に大ウケしちゃう、アクションなのかバイオレンスなのか、はたまたコメディなのか分からない、とんでもないごちゃ混ぜ映画。観た後にまたすぐ観にいきたくなっちゃう中毒性は、前述のSXSWで、異例の追加上映が開催されたことからも納得です。

 チップを演じているのは、人気ドラマシリーズ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のドクター・リード役のマシュー・グレイ・ギュブラー。

 とんでもなく横暴なボーイフレンドに女性が振り回され、シリアルキラーの男に嗜虐的な扱いを受ける映画は多々あれど、そのジェンダーがゴロリとひっくり返されるととにかく痛快! この映画、超良作なのにあまりにも公開規模が小さすぎるので口コミでどんどん上映が広がることを願うばかりです。★★★★★(森田真帆)

監督・脚本:トレント・ハーガ

出演:マシュー・グレイ・ギュブラー、アナリン・マッコード、アリーシャ・ボー

1月6日(土)から全国順次公開