エンタメTop
新刊レビュー
おすすめシネマ
フロントライン
 
音楽玉手箱/2017年01月18日 11:42
「大ヒット盤」『テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM』 聴き心地よい上位常連者の競演
『テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」BEST ALBUM』
 

 人気カラオケ番組の上位常連者による歌唱集。時に機械による採点は批判もされるが、こうして満点近い演者を連続して聴くと、五輪競技の中継を見るようで面白い。

 本編の10曲中8曲がカバー。奄美出身の城南海が『月のしずく』を歌うとより神がかるし、オペラ歌手の翠千賀が『ヘッドライト・テールライト』を歌うと、その流麗さに“ライト”が銀河を突き抜けるのを想起する。

 他方、鈴木杏奈は中1にして、実に正確な音程や発声で『白いパラソル』を歌うが、“愛の予感”には、聖子のキャンディ・ボイスが欲しくなる(無論、アクの強い原曲の物真似にならない時点で、鈴木は相当の実力者だ)。

“高得点”と“プロ”の違いを感じるものはあるが、全体的に聴き心地が良く、豊潤な歌声は最高のお手本だ。また、松井五郎×馬飼野康二コンビによるオリジナルの2曲を複数で歌っているのを聴くと、好敵手にして仲間だと実感する。本作を聴けば、趣味レベルの何かでも極めたいと思うはず。

 (ポニーキャニオン・3000円+税)=臼井孝