エンタメTop
新刊レビュー
おすすめシネマ
フロントライン
 
音楽玉手箱/2017年11月01日 08:02
「DVD=2」 ASKA『Too many people Music Video +いろいろ』 支えられ、輝く今
ASKA『Too many people Music Video +いろいろ』
 

 2017年2月にリリースされたアルバム『Too many people』のなかから選りすぐりのPVを集めた一本。楽曲と楽曲の間には音楽評論家、田家秀樹氏との対談が収録され、それぞれの曲の背景や近況について語られるという、ユニークな構成となっている。2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、その後も不穏なニュースが続いたASKAだが、だからこそだろう、懸命に彼を支えようとする周囲のプレイヤー、スタッフたちの姿が本作では際立って見える。

 ともあれ、収録されているのは『FUKUOKA』『東京』『通り雨』などなど、胸にぐっと迫る、とびきりの楽曲PVたちだ。すでに動画配信等で大きな話題となっているのでご存じの方も多いかと思うが、「宝石箱のように」、なんて陳腐な比喩を使いたくなるほど、1曲1曲がきらめいている。なぜか郷愁を感じ、高い空を思わせる広がりのあるメロディに、まず打ちのめされ、次にじっくりと味わうと、歌詞の深みに思わずうなってしまう。

 今も衰えることのない、いやむしろ一層輝こうとする彼の才能を前に、1ファンとして祈らざるを得ない。「赤いポスト少なくなって それでも人は繋がってる」(『東京』より)。たくさんの人からの賞賛と期待がプレッシャーではなく、彼を支える力になるようにと。

(DADAレーベル・2500円+税)=玉木美企子