エンタメTop
新刊レビュー
おすすめシネマ
フロントライン
 
音楽玉手箱/2017年12月20日 08:03
<大ヒット盤> 椎名林檎『逆輸入〜航空局〜』 ゴージャスなセルフカバー集・第2弾
椎名林檎『逆輸入〜航空局〜』
 

 各歌い手への提供曲をセルフカバーした第2弾。前作は、全編曲者を分散させ奇をてらった感じだったが、本作は馴染みの音楽班なので安心して楽しめる。

 それでも全11曲を聴くと、提供先に応じた作品の為か、ゴージャスなものが目立つ。特に、高畑充希へ提供の『人生は夢だらけ』は、あたかも普通の女性が、歌の魔法で人気女優になっていく、というミュージカルを観ているかのよう。また、SMAPの『華麗なる逆襲』は、英語詞と弦楽器により、流麗なダンスポップに転生している。

 また、いつもより“女”の部分が前面に出ているものも多い。石川さゆりの『暗夜の心中立て』は、抑えた歌唱とブラス隊で原曲の花街からナイトクラブに一変。キーを上げた『薄ら氷心中』は大人の色香が倍増し、『おいしい季節』では若い小悪魔に。まるで、彼女が代表し、女性の七変化を実証するようだ。

 ギターとキーボードがせめぎ合う『名うての泥棒猫』など演奏面も多彩。本作を聴けば、あらためて女性のコワさ(?)に気づくはず。

(ユニバーサル・3000円+税)=臼井孝