トヨタ自動車とパナソニックは13日、電気自動車(EV)などに使う車載用電池事業で提携の可能性を検討することで合意したと発表した。具体的な協業内容は今後詰める。両社は「業界ナンバーワンの車載電池を実現する」とコメント。トヨタだけでなく広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献するとした。

 トヨタの豊田章男社長は東京都内で開いた記者会見で「車載用電池の性能の進化や価格、安定供給が喫緊の課題だ」と述べた。パナソニックの津賀一宏社長は「電池は持続可能な社会の鍵を握る重要事業だ。両社でスピード感を持って検討を進める」と指摘した。