スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

古里の旅

列車の旅、ゆったりと

樽見鉄道(大垣市〜本巣市)

 第三セクター樽見鉄道(本巣市曽井中島)は起点の大垣駅(大垣市)と終点の樽見駅(本巣市)の34.5キロを南北に結ぶローカル線。平野部から山間部を縦断し、沿線はさまざまな表情を見せる。ゆったりとした列車の旅を楽しめる。

 見どころの一つは鍋原−日当駅間に架かる4本の橋から眺められる渓谷。「一帯に広がる緑がまぶしく、川面がきらめいてきれい」と同社の森下達哉さん(41)。水鳥−樽見駅間の橋からは能郷白山を眺められる。東大垣−横屋駅間の橋では横屋駅側に渡り終える頃、天気が良ければ、正面に御嶽山を望めるという。

 本巣駅では列車の運転を体験できる。制服や制帽を着用し、実際に使用している車両で側線を走行する。「運転している姿の記念写真も撮影できる。思い出をつくってほしい」(森下さん)。150メートルコースは3000円(税込み、以下同)、300メートルは4000円。名字入りのオリジナルネームプレートは1000円で購入できる。対象は中学生以上で10人以上の団体から受け付ける。

 企画列車やお得なクーポンもある。車内で薬草弁当を味わう「薬草列車」は11月までの7月下旬と8月を除く毎週木、金曜日に運行。1人5000円。谷汲ゆり園(揖斐郡揖斐川町)の入場券と大垣−谷汲口駅間の往復乗車券付きのクーポンは7月10日まで1450円、赤石やな(本巣市山口)の鮎づくし料理と大垣−木知原駅間の往復乗車券付きのクーポンは10月15日まで4100円で販売している。

メモ

 ▽交通 大垣駅でJR東海道線と養老鉄道から乗り換えできる▽運賃 大垣−樽見駅間の片道料金は大人920円(子ども460円)▽問い合わせ 樽見鉄道企画営業課、電話0581(34)8039

リストで探す | マップで探す

さまざまな表情を見せる風景を車窓から眺めながら、ゆったりとした列車の旅を満喫できる樽見鉄道=本巣市曽井中島、本巣駅

さまざまな表情を見せる風景を車窓から眺めながら、ゆったりとした列車の旅を満喫できる樽見鉄道=本巣市曽井中島、本巣駅

列車の運転を体験する生徒=同

列車の運転を体験する生徒=同

読み込み中...

※地図上のピンをクリックすると拡大地図が表示されます。

コメントをどうぞ

このスポットに関する口コミ情報をお寄せください。

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。