スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

古里の旅

注目、パワースポット

出雲福徳神社(中津川市坂下)

 参拝すると宝くじが当たる−と話題になり、新たなパワースポットとして注目を集める「出雲福徳神社」(中津川市坂下)。観光バスが訪れるなど、全国各地から大勢の参拝客が足を運んでいる。

 同神社は1932年に島根県の出雲大社から分霊して創建。95年には境内に高さ約2メートルのえびすと大黒の石像を建立した。商売繁盛や家内安全、五穀豊穣(ほうじょう)などに加え、その腹に触れると「宝くじが当たる」との評判が立ち、にぎわうようになった。

 実際に、当選した人からのお礼の手紙や、当選金の一部の寄付が多数あるという。メディアでも紹介されるようになり、現在では関東や関西など全国各地から年に1万人以上、観光バスも年間約130台が訪れる人気の開運スポットとなっている。

 2005年には、ヒノキの拝殿・社務所を建立。昨年10月にはケヤキの御手洗舎が完成した。招福グッズも人気で、宝くじを入れる「招福箱」(3000円)は10年間で6800個を売り上げた。

 ことしも1月5日には、新春恒例の「五日えびす大祭」が開かれ、大勢の参拝客が石像の腹をなで、開運を祈っていた。

 同神社責任役員の福井郁夫さんは、「参拝客にご利益があり、明るい年になることを願っている」と話していた。

 同神社の隣には、「花馬まつり」で知られる坂下神社もあり、地域に親しまれている。

メモ

 ▽交通 JR坂下駅から車で5分▽参拝 いつでも可。売店は火、木、土、日曜、祝日に営業▽問い合わせ 出雲福徳神社、電話0573(75)5815

リストで探す | マップで探す

石像の腹に触れ開運を願う参拝客=中津川市坂下、出雲福徳神社

石像の腹に触れ開運を願う参拝客=中津川市坂下、出雲福徳神社

大勢の参拝客でにぎわう境内=同

大勢の参拝客でにぎわう境内=同

読み込み中...

※地図上のピンをクリックすると拡大地図が表示されます。

コメントをどうぞ

このスポットに関する口コミ情報をお寄せください。

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。