スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

古里の旅

まちの魅力、体験拠点

はしま観光交流センター(羽島市竹鼻町)

 寺院などが点在する羽島市竹鼻町中心街のまち歩きには、まずこの施設を訪れよう。「はしま観光交流センター(ぐるっと羽島)」は、1日に開館したばかりの観光施設。観光案内所のほか、特産品売り場や美濃縞(みのじま)織の体験コーナーなどを備えており、多様な地域の魅力に触れることができる。

 竹鼻別院のフジ(県天然記念物)や県史跡「佐吉仏」で知られる同町。格子戸のある家々など、古くからの景観が残る。施設は、こうした風情あるまちを巡る拠点にしてもらおうとオープンした。明治期の土蔵を改修した2階建ての「観光案内所・体験スペース」と、新設した「休憩所」がある。

 まずは案内所1階のコンシェルジュに、まちのお薦めスポットを尋ねてみよう。同じフロアに、土産品の販売コーナーがある。市観光協会推奨の地場産品「はしまブランド」に選ばれているスイーツなどが並ぶ。

 2階は美濃縞織の体験スペースがある。美濃縞織は、江戸から明治にかけて農家の副業として同市などで盛んに生産された木綿の織物。スペースには織機などの道具が置かれており、昔ながらの製法を体験できる。伝統を受け継ごうと活動する「美濃縞伝承会」の会員たちが手ほどきしてくれる。

 休憩所には、インターネットにアクセスするための無料公衆無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」を完備している。一休みしたら、再びまちへと繰り出そう。

メモ

 ▽交通 名神高速道路岐阜羽島ICから車で約10分、名鉄羽島市役所前駅から徒歩約5分▽営業時間 午前9時〜午後4時▽休館日 年末年始(12月29日〜1月3日)▽入場無料▽問い合わせ はしま観光交流センター 電話058(322)2303

リストで探す | マップで探す

観光案内や地元特産品の販売などを行う「ぐるっと羽島」。明治期の土蔵を改修した風情ある外観が特徴=羽島市竹鼻町

観光案内や地元特産品の販売などを行う「ぐるっと羽島」。明治期の土蔵を改修した風情ある外観が特徴=羽島市竹鼻町

美濃縞織の体験スペース。美濃縞伝承会のメンバーが昔ながらの道具を用いて実演している=同

美濃縞織の体験スペース。美濃縞伝承会のメンバーが昔ながらの道具を用いて実演している=同

読み込み中...

※地図上のピンをクリックすると拡大地図が表示されます。

コメントをどうぞ

このスポットに関する口コミ情報をお寄せください。

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。