スキップリンク

岐阜新聞Web

いい旅・いい味 ぎふ巡り

古里の旅

苦難の歴史、生活伝える

たかす開拓記念館(郡上市高鷲町)

 スキー場やレジャー施設が立地し、観光地や保養地として知られる郡上市高鷲町だが、今のような発展を遂げるまでには開拓の歴史と苦労があった。その歴史を伝えようと今春、同町に「たかす開拓記念館」が整備された。開拓に特化した施設は全国的に珍しく、明治から戦後にかけての、北海道、旧満州(中国東北部)、ひるがの高原の三つの開拓の歴史を伝えている。

 入り口がある2階フロアは、旧満州に渡った郡上の開拓団に関わる展示になっている。戦中は国が渡満を推進し、全国各地で分村、分郷の単位で開拓団が組織された。郡上郡、旧高鷲村からは、大小約10の開拓団と青少年義勇軍が渡り、その後のソ連侵攻を受けて多くの犠牲者を出すことになった。展示では各開拓団の概要や旧満州の住居や食料、農作業の様子などを写真を交えて伝えている。

 他にも現地で命を落とした人たちを悼む銘板があるほか、開拓移民の証言もまとめられ、戦争のむごたらしさを伝えている。

 1階は、明治時代と戦後の北海道北部旧下川町の開拓、戦中・戦後に旧高鷲村内で進められたひるがの高原開拓に触れる。開拓民の住居や生活の様子を再現したジオラマや、高原の位置関係や広さを示す地図があるほか、牛乳、スキー場、大根の「三白産業」によって地域が活性化した経緯も紹介している。同村で集められた1400点に上る民具が展示されているのも見どころだ。

メモ

▽交通 東海北陸自動車道高鷲ICから車で約8分。長良川鉄道北濃駅からタクシーで約15分▽入場料 無料▽開館時間 午前9時30分から午後4時30分まで▽休館日 土、日、祝日(1週間前までに予約すれば入館可)▽問い合わせ たかす開拓記念館、電話0575(72)6321

リストで探す | マップで探す

旧郡上郡の各地域から渡った開拓団について説明するパネル

旧郡上郡の各地域から渡った開拓団について説明するパネル

ひるがの高原開拓当時の生活を再現した模型=いずれも郡上市高鷲町、たかす開拓記念館

ひるがの高原開拓当時の生活を再現した模型=いずれも郡上市高鷲町、たかす開拓記念館

読み込み中...

※地図上のピンをクリックすると拡大地図が表示されます。

コメントをどうぞ

このスポットに関する口コミ情報をお寄せください。

ネーム:(必須)
メールアドレス:(必須・半角英数)
コメント:

※投稿は承認後、順次掲載します。そのためすぐには反映されません。

※メールアドレスが公開されることはありません。

岐阜新聞のお申し込みはこちら

サイドメニュー

当サイトに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は岐阜新聞社または配信元の通信社、情報提供者に帰属します。