2017ぎふ衆院選
>>開票結果はこちら<<  >>2017ぎふ衆院選TOPへ

候補者の横顔【5区】=届け出順=

◆阿知波吉信候補(54)(希望・元) 家族とのスキー、癒やし

 再選への思いを「文字通り総決算という意気込みで臨む。安倍1強政治からもう一度、国民に政治を取り戻したい」と熱く語る。

 実家の製陶業が国策や国際情勢に左右される姿を子どもの頃から見てきた。政治家を志したのは「個人の努力では変えられない部分を、国が支えなければならない」との思いからだ。

 前回選挙で落選してから2年半、駅やスーパーマーケットで街頭演説を重ねてきた。1日30回を超す日もあるなど、地道な活動で住民の意見や要望に耳を傾けてきた。「有権者一人一人との対話を重視してきた。今の政治状況を変えたい」と返り咲きを誓う。

 家族とのスキーと山登りが癒やしの時間。早稲田大政治経済学部卒。多治見市精華町。

◆小関祥子候補(64)(共産・新) 演劇部出身で芝居好き

 「働く人が大事にされる社会をつくりたい」と、日本民主青年同盟を経て19歳で共産党に入党。会計事務所や鉄工所で働きながら1987年、土岐市議に初当選した。7期27年務め、延長保育実現に取り組むなど母親の声を議会に届けた。

 県議選に出馬したことはあるが、国政は初挑戦。いつも自分に言い聞かせている言葉は「なせば成る」。「何でも一生懸命頑張らねばならない」

 高校時代は演劇部に在籍し、趣味は芝居や映画の観賞、フォークダンス。最近見た映画はプロレタリア作家の母親を描いた「母 小林多喜二の母の物語」。

 尊敬する人物は共産党の不破哲三前議長。夫、長男、次男の4人暮らし。土岐商業高卒。土岐市肥田町肥田。

◆古屋圭司候補(64)(自民・前) 早起きしクラリネット

 「9期28年に培ったネットワークを活用し、国と地元のために最大限の貢献をしたい」と熱く語る。

 曽祖父の代から続く国会議員の家系。「当選回数を重ねるたびに、公約を実現することが使命だという思いが強くなった」と振り返る。初代国土強靱(きょうじん)化担当相として基本計画の策定に尽力。担当相を務めた北朝鮮拉致問題の解決にも力を注ぐ。

 リニア中央新幹線の整備を地元・東濃地域にとっての「千載一遇のチャンス」と捉え、アクセス道路の整備や企業の本社機能・研究開発機能の誘致を掲げる。

 趣味はクラリネット。毎朝5時に起きて練習し、先日、オーケストラとともに音楽ホールでCDの収録を行った。成蹊大経済学部卒。恵那市大井町。

関連ニュース

 県内小選挙区、自民全勝 希望の今井氏、比例復活
 「王国」自民が盤石 堅実な組織戦で独占5勝
 雨の中最後の訴え 県内候補者声からす
 県内小選挙区 深夜までに大勢
 県内有権者168万9151人 前回から2万人増加
 衆院選あす投開票 県内小選挙区 15人、舌戦最終盤
 台風、衆院選直撃 投票所と避難所重複、開票影響も
 子育て支援関心最多 「改憲」も争点に 本社分析
 県内、自民が優位維持 衆院選終盤情勢
 投票率、50%割れ危惧 各陣営「県民、盛り上がりない」
 週末票掘り起こせ 有権者に支持訴え
 商店街効果見えない 商工業者、政府の経済政策に疑問
 候補者の横顔【5区】
 候補者の横顔【4区】
 候補者の横顔【3区】
 候補者の横顔【2区】
 候補者の横顔【1区】
 衆院選序盤情勢世論調査 県内全区で自民先行
 飛騨舞台3極激突 4区で舌戦ヒートアップ
 安倍政治是非で3極激突 県内小選挙区15人出馬
 衆院選・県内政党が意気込み
 共産が候補取り下げ 岐阜1区、吉田氏を支援
 計16陣営出席 県内5選挙区立候補説明会
 希望、吉田氏公認せず 岐阜1区無所属で出馬へ
 ポスター掲示板 5400カ所、設置始まる
 岐阜4区候補に金子氏長男の俊平氏内定
 県警が取締本部設置 選挙違反に対応、3400人態勢
 民進系無所属、立候補予定者4人 演説、公約は語れず
 小見山元参院議員、民進県連に離党届 「希望」から立候補意向
 衆院選 県内14人立候補へ 小選挙区