2017ぎふ衆院選
>>開票結果はこちら<<  >>2017ぎふ衆院選TOPへ

台風、衆院選直撃 投票所と避難所重複、開票影響も

 超大型で強い台風21号は20日、フィリピンの東の海上を北上した。21、22日は沖縄・奄美と九州、22〜24日は太平洋側を中心に西日本から北日本の広い範囲で大荒れの天気となる見通しで、気象庁は土砂災害や河川の増水、低地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風21号が衆院選投開票日の22日に接近した場合に備え、岐阜県内42市町村の選挙管理委員会が対応を協議している。半数以上の市町村で災害時の避難所と投票所が重複する施設があり、投票時間の繰り上げなどの対応を迫られるケースがありそうだ。一方、各候補者の陣営は悪天候に備え、期日前投票に力を入れている。

 避難所と投票所が重複する市町村の選管では多くが対応可能とするが、瑞浪市は「避難者が多くなれば対応を変えざるを得ない」と警戒する。加茂郡七宗町などは、開票所へ投票箱を運ぶ道路が雨量規制で通行止めになる場合も考えられ、「開票作業の開始が遅れる可能性がある」とする。

 台風の接近に各陣営も気をもむ。自民前職候補の選対幹部は「投票に行かない人が出てくる」と投票率の低下を懸念。無所属新人候補は20日に岐阜市で開いた集会で期日前投票を呼び掛けた。

 岐阜地方気象台によると、台風は22日午後から23日朝にかけて強い勢力を維持したまま岐阜県に接近する可能性があり、早ければ22日午後にも大雨警報の発令が予想される。

関連ニュース

 県内小選挙区、自民全勝 希望の今井氏、比例復活
 「王国」自民が盤石 堅実な組織戦で独占5勝
 雨の中最後の訴え 県内候補者声からす
 県内小選挙区 深夜までに大勢
 県内有権者168万9151人 前回から2万人増加
 衆院選あす投開票 県内小選挙区 15人、舌戦最終盤
 台風、衆院選直撃 投票所と避難所重複、開票影響も
 子育て支援関心最多 「改憲」も争点に 本社分析
 県内、自民が優位維持 衆院選終盤情勢
 投票率、50%割れ危惧 各陣営「県民、盛り上がりない」
 週末票掘り起こせ 有権者に支持訴え
 商店街効果見えない 商工業者、政府の経済政策に疑問
 候補者の横顔【5区】
 候補者の横顔【4区】
 候補者の横顔【3区】
 候補者の横顔【2区】
 候補者の横顔【1区】
 衆院選序盤情勢世論調査 県内全区で自民先行
 飛騨舞台3極激突 4区で舌戦ヒートアップ
 安倍政治是非で3極激突 県内小選挙区15人出馬
 衆院選・県内政党が意気込み
 共産が候補取り下げ 岐阜1区、吉田氏を支援
 計16陣営出席 県内5選挙区立候補説明会
 希望、吉田氏公認せず 岐阜1区無所属で出馬へ
 ポスター掲示板 5400カ所、設置始まる
 岐阜4区候補に金子氏長男の俊平氏内定
 県警が取締本部設置 選挙違反に対応、3400人態勢
 民進系無所属、立候補予定者4人 演説、公約は語れず
 小見山元参院議員、民進県連に離党届 「希望」から立候補意向
 衆院選 県内14人立候補へ 小選挙区