ふるさとへの便り

パラグアイ

若者に正しい性知識
写真:高校生を対象とした性感染症の講習会=パラグアイ

高校生を対象とした性感染症の講習会=パラグアイ

 バエシャパ(こんにちは)。パラグアイへ来て1年10カ月がすぎ、任期はいつのまにか残り2カ月となりました。帰国したらテレレ(皆で輪になってお茶を飲みまわしていく習慣)がなくなるのかと思うととてもさみしいです。

 さて前回、活動1年で記事を書きましたが、引き続き学校で性教育を行っています。配属先に15歳の妊婦さんが受診することは珍しくありません。妊娠できる年齢の子に正しい知識を普及するため、また、10年後、パラグアイを背負う世代として活躍するために、10〜18歳の生徒を対象に講習会を行っています。

 講習会のテーマは楽しく、分かりやすく、参加型としています。元気いっぱいの子どもたちで集中力が続かなく、忍耐力も欠けます。日本の子どもと比較するとそんな印象を受けるし、実際に現地の先生方も頭を悩ませています。(続きを読む...)

「ふるさとへの便り」一覧