ふるさとへの便り

インドネシア

多様な宗教、言語存在
写真:クリスマスに彩られたモールを楽しむ人々=インドネシア、ジャカルタ市内

クリスマスに彩られたモールを楽しむ人々=インドネシア、ジャカルタ市内

 年間の平均気温が30度近いインドネシアでは、12月も真夏のような暑い日々が続きます。そのようなインドネシアでも、12月に入るとレストランやカフェではクリスマスソングが流れます。ショッピングモールには大きなクリスマスツリーが登場し、ショップのディスプレイはクリスマス仕様となり、街はクリスマスムードに包まれます。

 国民の約9割がイスラム教を信仰しているため、キリスト教の祝日であるクリスマスはあまり盛り上がらないと思われがちですが、日本と同じように「クリスマスの商業化」が進んでいます。キリスト教徒が各地にある教会で行われるミサに参加し、おごそかにクリスマスを過ごす一方、イスラム教徒をはじめとするその他の国民は、クリスマスをショッピングセールが行われるイベントと捉えて楽しむことが多いようです。

 インドネシアは世界で最も多くのイスラム教徒を抱える国ですが、宗教の自由が認められているため、キリスト教やヒンドゥー教、仏教、儒教を信仰している人々もいます。多様であるのは宗教だけではありません。1万を超える島々からなるインドネシアは日本の約5倍の国土を有し、東西の距離は米国とほぼ同じ約5000キロに及びます。(続きを読む...)

「ふるさとへの便り」一覧