ふるさとへの便り

タイ

転換点を迎えた産業
写真:タイのセブンイレブンのオーナーはタイ財閥大手CP。商品の9割近くが食料品でCPの商品が大半を占める

タイのセブンイレブンのオーナーはタイ財閥大手CP。商品の9割近くが食料品でCPの商品が大半を占める

 「ルイスの転換点」というイギリスの経済学者が提唱した概念があります。これは製造業の発展に伴い、農業部門から、より給与水準の高い製造業部門へと労働力が移動することで余剰労働力がなくなり、移転人口が底をつく時点を指します。日本では1960年代後半にルイスの転換点を迎えたと言われています。

 現在、タイの農業部門の就業者数は就業人口の約30%を占め、経済学的にはまだルイスの転換点に達していないと言われています。そのため、理論的には今後も農業から製造業へと労働力が移動し、製造業を中心とした経済成長が続くと考えられます。

 しかし、タイでは少子高齢化により農業就業者の高齢化が進み、地方から都市部に向かう若年労働者が少なくなっているため、農業から製造業へ労働力が供給されていないようです。実態としてタイは、既にルイスの転換点を迎えてしまっているのではないでしょうか。(続きを読む...)

「ふるさとへの便り」一覧