ふるさとへの便り

ベトナム

地域色豊かな麺料理
写真:ベトナムのフォー

ベトナムのフォー

 ベトナム麺料理の代表としてまず思いつくのは、「フォー」ではないかと思います。携帯電話のメールで「ベトナム」と打ち込むと、「フォー」の絵文字が出てくるほどです。「フォー」は米粉から作られた麺に、スープは鶏骨や牛骨からだし汁を取ったもので、とてもあっさりとした味です。ベトナム人は朝から食べますし、私たち駐在者も朝食として食べることがしばしばあります。このようにベトナムと言えば「フォー」がとても有名ですが、実は「フォー」以外にもいろいろな種類の麺があります。

 私は最近知ったのですが、「フォー」はベトナム北部が本場で、南部が本場の麺は「フーティウ」といいます。「フーティウ」も米粉から作られますが、天日干ししたライスペーパーを細かく切るため「フォー」よりコシがあるのが特徴です。また、エビや豚肉、卵、ニンニクなどがトッピングされており、やや濃い味付けになっています。ちなみに南部出身の当事務所スタッフは、やはり「フォー」より「フーティウ」をよく食べるそうです。(続きを読む...)

「ふるさとへの便り」一覧