ふるさとへの便り

ブラジル

日系の子へ文化継承
写真:太鼓部の授業の様子=ブラジル

太鼓部の授業の様子=ブラジル

 こんにちは。私はブラジル・サンパウロ州のカッポンボニート市という町の日本語学校で日系子弟に日本語を教えています。

 私が配属された日系団体には日本文化を継承する五つの部があります。一つは私の勤務先である日本語学校、ほかに相撲部、太鼓部、カラオケ部、婦人部があります。相撲部では多くの非日系人力士が在籍しており、「ブラジルだけでなく、日本で活躍するような選手を」と熱い気持ちで選手を育てています。

 カラオケはブラジルでも大人気です。日本のカラオケと少し違うのは、のど自慢大会が毎週のように開かれていることでしょうか。歌う曲が日本の曲であれば年齢、性別問わず誰でも参加できます。お店で歌うのではなく、観客の前で歌い審査を行います。日本語を全く話せない5歳の女の子が童謡を大きな声で振り付けもつけて歌っているのを見るとほっこりした気持ちになります。(続きを読む...)

「ふるさとへの便り」一覧