ふるさとへの便り

フランス

岐阜県の魅力発信 外国人観光客来訪促す
写真:フランス旅行見本市「MAP」に出展されたJNTOブース=昨年3月、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場

フランス旅行見本市「MAP」に出展されたJNTOブース=昨年3月、ポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場

 フランスに来てから約2週間がたちました。先般、3月としては珍しく積雪があり、あっという間に雪景色に変わったパリの街を見ることができました。

 私が高山市役所より派遣されている日本政府観光局(JNTO)は、外国人観光客の来訪促進を図るための組織であり、主要な訪日旅行市場13都市に海外事務所を設置し、現地市場の情報収集・分析や各国で開催される旅行見本市への参加やセミナー実施などのプロモーション事業を実施しています。

 私は現在、その海外事務所の一つであるパリ事務所に派遣されており、フランス、イタリア、スペイン市場を中心として活動することとなります。

 フランスの訪日旅行の現状としては、初訪日旅行者が約7割と圧倒的に多く、2回目以降は約3割弱となっています(「JNTO訪日外客訪問地調査2010年」参照)。依然として定番人気観光地への訪問意欲が高いものの、最近はミシュランのグリーンガイド効果により訪問地の多様化が進んでいます。このグリーンガイドでは、わが町である飛騨高山が三つ星をいただいており、美しい自然や歴史的建造物などの魅力が紹介されています。

 事務所には毎日、日本への旅行を考えている人たちが訪れ、さまざまな地域のパンフレットを熱心に見て情報収集したり、交通機関やイベントなどの質問をされます。震災や円高、不況などの影響により一時期は激減した欧州からの観光客ですが、ここ最近の事務所を訪れる方の人数や電話等での問い合わせは震災前よりも多く、日本への関心の高さがうかがえます。

 今後も「故郷 岐阜県」のさまざまな魅力を発信し、フランスをはじめヨーロッパからの誘客促進に少しでも寄与できるよう取り組んでいきます。

【森由貴さん】
写真:森由貴さんさん
もり・ゆうき 2013年3月から、高山市役所から日本政府観光局(JNTO)パリ事務所に派遣。岐阜市出身。

「ふるさとへの便り」一覧