ふるさとへの便り

タイ

高い医療水準に安心
写真:まるでホテルのような外観の私立病院=タイ、バンコク

まるでホテルのような外観の私立病院=タイ、バンコク

 海外で生活する場合に最も気になることの一つに、現地での医療環境があります。私もバンコックに赴任した当初は「タイの医療環境は大丈夫?」と思っていました。しかし、今となればその不安は吹き飛びました。なぜなら、タイの医療水準は先進国並みにあるのです。アメリカの国際医療評価機関であるJCI(Joint Commission International)の認証を受けた国際的な医療レベルに達している病院がタイには20カ所以上あり、日本の5カ所を大きく上回っています。

 最近の健康ブームで、海外旅行中に本格的な健康チェックや診療を受ける「医療ツーリズム」が注目を浴びています。タイでも国を挙げて「医療ツーリズム」を推奨しており、医療を成長産業の一つとして掲げ、外国人の医療ニーズの取り込みと観光の誘致を積極的に行っています。「医療ツーリズム」を受け入れているバンコクの私立病院は、五つ星ホテル並みの建物と設備を備え、質の高い医療サービスで人気を集めています。

 一例として、私を含め多くの日本人が居住するスクンビット地区にある私立病院を紹介します。海外で病院にかかる上で、私たち日本人にとって一番心配なのは言葉の問題ではないでしょうか。英語やタイ語による問診では意思疎通は図れず、ストレスを感じることでしょう。しかし、この私立病院には日本人通訳が6人駐在しており、言葉の点は全く不自由しません。

 また、病院内には大手コーヒーチェーン店や日本食レストランなどが入居し、病室への宅配サービスもあります。通常、病院内は消毒液のような独特の匂いがするものですが、コーヒーの芳醇(ほうじゅん)な香りが漂う病院というのも一興ではないでしょうか。

 こうした病院は、患者の満足度を高めることを追求しており、24時間診療体制や救急患者の受入体制を整備するなど、患者が不安にならないような「おもてなし」を実践しています。一般的に、病院では患者のことを英語で「Patient(ペイシャント)」と呼びますが、タイの私立病院では「Customer(カスタマー)」、つまり「お客さま」と呼んでいます。

 このように、国際的にも高い医療水準を誇り、患者への質の高いサービスを提供するタイの病院は、「医療ツーリズム」において人気が高いのはもちろん、私たち日本人が安心して現地で生活するための大切な支えとなっているのです。

【三矢健二さん】
写真:三矢健二さんさん
みつや・けんじ 大垣共立銀行バンコック駐在員事務所長。87年入行、瑞浪支店長、高須支店長、海外事業推進部調査役を経て、11年11月よりバンコック駐在員事務所で取引先の海外進出支援などを担当。岐阜市出身。

「ふるさとへの便り」一覧