ふるさとへの便り

カメルーン

情操教育の普及に力
写真:体育を楽しむ教員=カメルーン・ロロドロフ

体育を楽しむ教員=カメルーン・ロロドロフ

 カメルーンで活動を始めてからもう1年8カ月が経ち、いよいよ活動の終盤を迎えようとしています。1年目は主に学校内で、現地教員と協働して活動を行いましたが、2年目からは、情操教育をもっと広めるため県内の三つの郡で情操教育の村巡回セミナーを行いました。

 1日のうちのほとんどが停電している村では、図工で使うのりやはさみが簡単に手に入りません。紙1枚を買うために隣町まで出て行かなくては手に入らない学校もあるため、情操教育自体が浸透していませんでした。だから今回の初めての試みである村巡回セミナーは、私たちボランティアにとっても、彼らにとっても刺激的で、学びの多いセミナーになりました。

 セミナーでは、簡単なスポーツ、手遊び歌、折り紙などを配属先の上司、幼稚園教諭ボランティアと一緒に教えました。熱心にメモを取ったり、子どものようにはしゃいでアクティビティーを楽しんだりする現地教員の姿がありました。

 ビニール袋に紙切れや布、葉っぱを詰め込み、テープで丸く囲んだだけの簡易ボールに感動する教員を見て、情操教育を受けて育っていない彼らにとっては、目にするものすべてが新鮮で、学びの対象であることに気づかされました。だから、常に彼らの目線に立った教材作りをし、その一つ一つを丁寧に彼らに紹介していく必要があると強く感じました。

 過酷な日程の村セミナーで正直疲れましたが、たくさんの意欲あふれる現地教員に出会い、本当に意義のあるセミナーになりました。今後も、村への巡回活動をぜひ継続していきたいです。

 活動も残りわずか4カ月。クリビ市での情操教育セミナー、幼小交流会、カメルーンの行事内での学習発表など、予定している活動はまだまだ続きます。悔いの残らないよう、また素敵な思い出をたくさん作れるように残りの活動を頑張ります。

【石原美穂さん】
写真:石原美穂さんさん
 いしはら・みほ 小学校講師を経て、2012年度1次隊小学校教諭ボランティアとしてカメルーンで情操教育普及活動に取り組む。可児郡御嵩町出身。30歳。

「ふるさとへの便り」一覧