ふるさとへの便り

中国

岐阜の観光、魅力紹介
写真:現地の旅行会社販売員に中部の魅力を説明する様子=中国広東省広州市

現地の旅行会社販売員に中部の魅力を説明する様子=中国広東省広州市

 私が高山市役所より派遣されている日本政府観光局(JNTO)は、外国人観光客の来訪促進を図るための組織です。主要な訪日旅行市場13都市に海外事務所を設置し、現地市場の情報収集、分析やプロモーション事業を実施しています。

 私は海外事務所の一つで、香港および中国広東省市場を所管する香港事務所に派遣され、現在は主に中国広東省の業務に従事しています。香港では、飛騨高山、白川郷など岐阜の知名度もそれなりに高く、旅行商品も充実しています。しかし、広東省では省都である広州市からの航空路線の少なさも影響し、現地の大手旅行会社でも、定期的に旅行商品を販売している会社は見当たりませんでした。直通列車で2時間の距離にも関わらず、市場の違いに初めは驚いたことを覚えています。

 まずは地元中部の観光推進団体とも連携しながら、現地の主要旅行社に中部地域の魅力を伝え、ツアー商品を作ってもらうための働き掛けから始めました。提案の差し戻しを繰り返し、やっとのことで商品が作られた後も、今度はなかなか商品が売れない状況が続きました。現地旅行会社の販売員への商品説明会を丁寧に行い、商品への理解を深め、さまざまな販売促進活動を経て、初めてツアーが催行された時は、本当にうれしかったことを覚えています。商品の販売が開始されてから、まとまった人数の申込みがあって、実際にツアーが催行されるまでは、約1年間の時間を要しました。

 現在も集客状況は安定しているわけではありません。“ふるさと”岐阜県の豊かな自然や伝統文化をはじめとする多様な観光資源の魅力を丁寧に伝えて、中国からの誘客促進に少しでも貢献できるよう、今後も継続して活動を行っていきます。

【葛井孝弘さん】
写真:葛井孝弘さんさん
 くずい・たかひろ 2011年6月より、高山市役所から日本政府観光局(JNTO)香港事務所に派遣。飛騨市出身。32歳。

「ふるさとへの便り」一覧