ふるさとへの便り

グアテマラ

感謝の心で教育実践
写真:ケツァルテナンゴ県での算数の研修会=グアテマラ

ケツァルテナンゴ県での算数の研修会=グアテマラ

 「感謝の心」。これは、グアテマラで活動をさせてもらう際に、私が一番大切にしていることです。私の活動は、グアテマラの方々に支えられて成り立っているからです。だからこそ、支えていただいていることを当たり前と思わずに、常に「ありがとう」という気持ちを持って、グアテマラの人々と関わることが大切だと感じています。今日はそんなグアテマラでの活動や生活について、少しだけ紹介したいと思います。

 私の活動は「小学校教育」と言って、グアテマラの小学生の学力を向上させることを目的としています。特に算数の学力を向上させることに重点を置いて活動しています。主な活動は、グアテマラの小学校の先生たちと一緒に「子どもたちにとって分かりやすい算数の授業」を考え、実践することです。実際に私自身が子どもたちの前に立って、算数の授業を行うこともあります。その際は、スペイン語で授業をします。

 グアテマラの小学生の多くは、とても勉強熱心です。また、小学校の先生たちも、そんな子どもたちのやる気に応えようと毎日一生懸命働いています。勉強や仕事に対し、熱心に取り組むというところは、日本人とよく似ていると感じます。そんなやる気にあふれた人々の中で活動することができるのですから、幸せなことだと感じます。

 さて、そのような活動を続けているわけですが、本当に恵まれた毎日を過ごしています。私の任期も折り返し地点に差し掛かろうとしていますが、グアテマラの将来に少しでも役立てるよう活動を続け、岐阜県の皆さんにこの国の素晴らしさを、たくさん知ってもらえたらと思っています。残りの任期も「感謝の心」を大切に、グアテマラの人々と共に歩んでいきます。

【余郷友祐さん】
写真:余郷友祐さんさん
 よごう・ゆうすけ 岐阜県教職員を経て、2014年6月から青年海外協力隊としてグアテマラへ派遣。職種は小学校教育。ケツァルテナンゴ県教育事務所配属。管轄地域の学力向上に取り組む。可児市出身。26歳。

「ふるさとへの便り」一覧