ふるさとへの便り

タイ

小銭おつり、チップに
写真:タイ人のキャディーがサービスの一環として記載したゴルフのスコアカード

タイ人のキャディーがサービスの一環として記載したゴルフのスコアカード

 われわれ日本人にとっては、何か買った時やサービスを受けた時に、おつりがあれば1円単位でもらうことが当たり前になっているため、おつりがもらえないことがあれば誰もが不思議に感じるのではないでしょうか。

 ここタイで中級以上のレストランへ行くと、料金には既に10%のサービス料が加算されているにもかかわらず、おつりに小銭があればテーブルにそのまま置いてくるのが一般的のようです。おつりが小銭だけの場合は、あえて持ってこない店員もいます。またタクシーでも同様にメーター金額を支払えば基本的に問題ありませんが、おつりの小銭は置いてくるのが習慣になっています。時には運転手がおつりを用意しないことがあり、支払後にお互いの間に微妙な時間が流れることもしばしばあります。

 これは「所得水準の高い日本人は細かいおつりまで気にしないだろう」と考えるタイ人と、「きちんとおつりを受け取ることが当然だ」と考える日本人とのギャップが根底にあり、日本人はおつりの小銭をチップとして仕方なく渡すことになりますが、タイ人は小銭をチップとして当然のように受け取ります。

 このように、外国で生活をする際に避けて通れないのがチップの習慣です。日本にはチップの習慣がないため、外国へ行くとその国のチップ相場を考えます。タイにも元来、日本と同様にチップの習慣がありませんでしたが、タイは観光大国であり、多くの欧米人がタイを訪れるにしたがって、チップの習慣が持ちこまれたのだと思われます。

 実際にタイで生活してみるとチップの必要性を感じる場面に多く遭遇します。一例として、タイではゴルフをする際、自分に付いたキャディーにチップを渡すのが一般的です。こうしたチップはおつりとは違い、サービスを受けたことに対するお礼です。タイ人は基本的にサービス精神が旺盛であり、われわれが期待する水準以上のサービスをしようと努力しますが、一方でそのサービスに見合うチップを期待します。

 チップ(TIP)の語源は「Take It Please(どうぞお持ちください)」と「To Insure Promptness(速やかな対応を保証します)」、つまりチップを渡す側と受取る側、両者の解釈があるようですが、タイには期待水準を上回るサービスを目指そうという精神があるので、タイにおけるチップは、サービスの満足水準を相互に楽しむ大事なコミュニケーションツールになっています。

 日本ではサービスの対価が価格に含まれており、常に心地よいサービスを日常的に受けられますが、タイでは心地よいサービス自体に対価が発生します。小額のおつりを渡すのもチップ。サービスの満足度を表現するのもチップ。タイという国を知る上で、チップを理解することも重要ではないかと思います。

【臼井英樹さん】
写真:臼井英樹さんさん
 臼井英樹(うすい・ひでき) 1990年大垣共立銀行入行。同行ニューヨーク支店、市場金融部、香港駐在員事務所を経て2014年4月からバンコック駐在員事務所で取引先の海外進出支援など担当。大垣市出身。

「ふるさとへの便り」一覧