ふるさとへの便り

ホンジュラス

箸や浴衣「体験教室」
写真:ダンリ市内での研修会の様子=ホンジュラス

ダンリ市内での研修会の様子=ホンジュラス

 はじめまして。ホンジュラスで青年海外協力隊員として活動している舛本才智です。普段は市内の中学校に出向き、数学教員に対して直接指導をしたり、研修会で効果的な教材の紹介や使い方の指導などを行っています。

 今回はホンジュラスについて少し紹介したいと思います。皆さん、ホンジュラスと言えば何を思い浮かべるでしょうか。コーヒーやマヤ文明、バナナなどの南国フルーツ、はたまた何も思い浮かばないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ホンジュラスは中央アメリカ中央部に位置し、国土は日本の約3分の1、南は太平洋、北はカリブ海に面しています。熱帯気候ですが国土の80%が山岳地帯で、日本の春から初夏のような気候です。

 これだけ聞くと山もあり海もあり、過ごしやすそうなイメージを持たれるかもしれませんが、実は最近、世界で最も治安の悪い国の一つとされているのがホンジュラスでもあります。インターネット上にはホンジュラスについてのマイナスな情報があふれています。

 しかし、私たちが実際に目にした(一部かもしれませんが)ホンジュラスは、インターネットの情報そのままかというと、それは違います。初めて会う人でも気さくにあいさつやハグを交わし、道で会うとバナナをもらい、困っていたら大げさに心配してくれる。これが私が実際に感じたホンジュラスです。

 先日、先輩隊員の任地で、隊員仲間と折り紙や箸の使い方、浴衣の着付けなど、日本文化を紹介してきました。その中で箸の使い方を体験した方が、「もう覚えたわ。これで日本に行ったらSushiが食べれるわね」と、冗談交じりに言った言葉をとてもうれしく感じました。

 インターネットをはじめさまざまなメディアで世界を知ることができる時代に、日本文化を私たちが紹介する意義は、ここにあると考えます。これからもテレビやインターネットでは味わうことのできない異国の文化にじかに触れながら、残り約1年間、ホンジュラス人とともに頑張っていきます。

【舛本才智さん】
写真:舛本才智さんさん
 舛本才智(ますもと・さいち) 2015年6月から青年海外協力隊員として中米ホンジュラスへ派遣。現地の数学教員に効果的な指導法の教授や知識研修などを行う。羽島市出身。

「ふるさとへの便り」一覧