リオデジャネイロオリンピック
金藤が「金」 女子200平、日本勢24年ぶり
2016年 8月13日
写真:金藤が「金」 女子200平、日本勢24年ぶり

競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得し、寄せ書きされた日の丸を広げ笑顔の金藤理絵=リオデジャネイロ(共同)

 リオデジャネイロ五輪第7日の11日、競泳女子200メートル平泳ぎで、金藤理絵(Jaked、ぎふ瑞穂スポーツガーデン)が2分20秒30で優勝、同種目で日本勢24年ぶりの金メダルを獲得した。県勢の金メダル獲得は2000年シドニー五輪女子マラソンの高橋尚子さん以来で史上2人目。

 ホッケー女子「さくらジャパン」は、英国に0−2で敗れ、決勝トーナメント進出が厳しくなった。水球男子の日本は、かつて五輪3連覇の古豪ハンガリーに7−17で敗れ、1次リーグ4連敗。

県勢関連ニュース