岐阜大学皮膚科医 高橋智子氏

 少しずつ暖かくなり、過ごしやすい日が多くなってきました。この時期になってつらいのは、スギ花粉症です。多くの方が、止まらないくしゃみ、鼻水、目のかゆみに悩まされていることと思います。

 そのスギ花粉が、皮膚に触れることによって生じる皮膚炎が“スギ花粉皮膚炎”です。この時期になると、同じような症状を抱えて皮膚科を訪れる方がとても増えます。“スギ花粉皮膚炎”は、スギ花粉が飛散する時期になると、目の周り、頬、首など、体の露出する場所に“かぶれ”を生じるのが特徴で、特に女性に多い印象があります。

 花粉が飛散しない時期になると皮膚の症状も改善しますが、春以外にも、秋には、ブタクサやヨモギ花粉、また夏の猛暑の影響を受けてスギ花粉も少量飛散することがあり、1年中油断はできません。皮膚炎の症状は、少し盛り上がって赤くなったり、かさかさしたりして、かゆみを伴います。多くの方が、鼻、目などの花粉症に伴うアレルギー症状を自覚されていますが、なかにはそれらの症状のない方もいらっしゃいます。

 診断するためには、アレルギー検査を行います。血液検査で、スギに対する抗体の陽性を確認することも重要ですが、鼻や目の症状だけでも陽性になりますので、それだけでは確実とはいえません。そこで、スクラッチパッチテストといって、皮膚を少しテープなどで傷つけたあとに、スギ花粉の液を皮膚に貼って反応を見る検査が確定診断に有用といわれています。目薬や化粧品などでかぶれた場合でも、スギ花粉皮膚炎と症状はよく似ていますので、花粉以外の原因も一緒に考える必要があります。

 治療は、皮膚の症状がある部位にはステロイド外用薬を塗り、抗ヒスタミン薬などアレルギー症状を緩和する内服薬を併用します。

 予防策としては、外出時に眼鏡やマスク、洗濯物を外に干さないようにするなど家の中に花粉を持ち込まない工夫も重要ですが、皮膚のバリア機能をしっかり保つように日ごろの適切なスキンケアがとても大切です。通常、皮膚の一番表面には、バリアとして働く角層があり、体に異物が侵入するのを防いでいます。花粉の抗原は、分子が大きいため、整った正常な角層を通り抜けることはできません。しかし、過度に洗いすぎたりすると皮膚に負担がかかり、傷ついた角層を花粉の抗原がすり抜けます。すると、体と反応を起こしやすくなり、皮膚炎を生じるのです。

 適切なスキンケアを行い、嫌な季節を乗り切りましょう。(岐阜大学医学部付属病院皮膚科臨床講師)