「わたしのキャンバスプロジェクト」は、一人でも多くの女性が子宮頸がんをはじめとした婦人科系疾病にくじかれず、思い描いた人生を歩んでほしいという願いのもと、年間を通して女性の健康を啓発・応援していくキャンペーンです。
 

vol.2
女性ホルモンのはたらきを知る

 女性ホルモンは分泌量の変化によって月経周期をコントロールし、イキイキとした生活をサポートする役割を担っています。加齢のほか生活習慣などちょっとしたことがホルモンバランスの乱れにつながり、体の不調を引き起こします。女性ホルモンの変化に付き合いつつ、毎日を健康に過ごす方法について専門家に伺いました。


教えていただいたのは・・・

せきレディースクリニック・産婦人科医
友影 九樹 院長

2002年に東京医科大学卒業。金沢大学病院、福井県立病院等の勤務を経て、2019年にせきレディースクリニックを開業。
 

Q 女性ホルモンとは何ですか?
A 女性特有のホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のことを指します。

 女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類に分けられ、脳の視床下部の指令によって卵巣から分泌されます。およそ1か月の周期で2つのホルモンの分泌量が入れ替わるように増減し、排卵や月経を促します。

 中でもエストロゲンはライフステージによっても分泌量が変化し、女性の身体に変化をもたらします。

【2種類の女性ホルモンのはたらき】

エストロゲン
子宮内膜を分厚くする、頸管粘液を増やす、肌を整える、骨量の保持、動脈硬化を防ぐ、感情や精神の安定、記憶などの脳の働きを保つ

プロゲステロン
子宮内膜を整える、妊娠を持続させる、乳腺のは発育を促す、食欲を増進させる

Q 閉経すると身体にどんな変化がありますか?
A 閉経すると女性ホルモンの作用によって抑制されていた病気にかかりやすくなります。

 月経に一喜一憂する女性は多いでしょう。中には月経に係る症状が重いために閉経を待ち望む声も聞いたことあります。女性の多くが45〜55歳頃におよそ10年間の更年期を迎え、その間にエストロゲンの分泌量の急激な減少によって閉経(産婦人科の定義では12か月以上の無月経)します。

 確かに閉経に至ると月経の悩みからは解放されますが、今度はそれまで女性ホルモンが予防していた病気にかかりやすくなります。骨粗しょう症やがんのほか、男性に多かった生活習慣病(高血圧・脂質異常症・糖尿病など)も閉経後に患者が増加します。

 女性ホルモンは妊娠・出産に関わる機能はもちろんのこと、筋肉や肌の張りなど、全身の健康を陰ながら支えています。ホルモンの分泌量の変化に伴う影響を知ることで、ライフステージごとに自分の身体との向き合い方も分かります。


 

教えていただいたのは・・・

操健康クリニック・婦人科部長
堀 昌志 先生

1989年藤田医科大学を卒業し、岐阜大学産婦人科へ入局。1996年岐阜大学大学院を卒業し、博士号を取得。東海中央病院産婦人科部長等を経て、操健康クリニック婦人科部長に至る。
 

Q 女性ホルモンの乱れはどうして起こるの?
A ホルモンの分泌を促す脳の視床下部や脳下垂体が、ストレスに敏感であるためです。

 女性の身体に様々な影響を生じさせるホルモンバランスの乱れは、ストレスが大きく関わっていると考えられます。

 女性ホルモンの分泌の司令塔である視床下部や脳下垂体はとてもデリケートで、ストレスによる影響を受けやすい傾向があります。それがきっかけで月経不順や過多月経、過少月経などを引き起こすことは少なくありません。

 ストレスの他には、無理なダイエットや睡眠不足などもホルモンバランスを乱す一因になります。急激な生活習慣の変化を、脳の視床下部や脳下垂体では「身体のピンチ」と捉えてしまいます。生命の維持を優先して月経をとめる指令を出し、それによってホルモンバランスが乱れてしまうのです。ホルモンバランスが乱れても、すぐに病気や異常につながるわけではありませんが、生じた乱れは早めに整えておくと後々楽になります。

Q 女性ホルモンを安定させるには?
A まずはストレスの少ない健康的な生活が一番です。適切な運動と食事を心がけましょう。また悩みに応じて産婦人科で処方される低用量ピルやホルモン剤の助けを借りるのもおすすめです。

 適切な食事 
量・質ともにバランスの良い食事を心がけましょう。1か月で5㎏以上減量するような過度なダイエットはホルモンバランスを乱し、無月経やのちの骨粗しょう症につながります。

 適度な運動 
軽いジョギングや体操でストレスを発散できます。運動に伴い筋肉量が増えると、月経トラブルや不妊をもたらす冷え性の改善に役立ちます。

 ホルモン補充療法(ホルモン剤の注入)
分泌量を確実に安定させるホルモン補充療法は、ホルモンバランスの変化が激しい更年期や閉経後の方におすすめです。肌荒れ治癒などの嬉しい効果も見込めます。漢方薬やプラセンタ療法も効果があります。

 低用量ピルの服用 
女性ホルモンの量をコントロールする低用量ピルは産婦人科で処方されます。月経に関する様々な不快症状に悩む10〜30代の方におすすめです。40代からは慎重投与します。子宮内膜症や不妊の治療にも効果が認められています。


主催|岐阜新聞社
後援|岐阜県 岐阜県医師会 岐阜市医師会 岐阜県産婦人科医会 岐阜市産婦人科医会 岐阜県小児科医会 岐阜県看護協会